消費者金融系のカードローンは収入証明無しで審査が通りやすい

即日キャッシングは消費者金融を狙うべき

いますぐお金が欲しい方にとっては、消費者金融系のカードローンを申し込むのが最も現実的な手段と言えます。50万円以下のキャッシングをしようと思っているなら、非常にメリットがあるのでぜひおすすめします。

 

なぜ消費者金融で少額融資が魅力的なのか

消費者金融で50万円以下の少額融資にメリットがあるのは、無担保で最短即日融資が可能ということだけでなく、審査時間は短く、収入証明の提出が不要ということが大きいのです。

 

CM展開をしている大手の消費者金融は資金も豊富ですから、倒産危機はまずないと思ってよいでしょう。

 

 

本当にそんなに簡単にキャッシングができるのか?

消費者金融でお金を借りるには、安定収入があることと必要な書類を用意できればまず審査は通ります。この書類は収入証明ではなく、運転免許証などの本人確認の書類のみでOKです。

 

パスポートや健康保険証なども本人確認書類として使えます。

 

50万円以上の借入には収入証明書の提出が求められる場合があります

収入証明書は源泉徴収票や給与明細、個人事業主の場合には確定申告書といった書類が必要になります。また、役所などで発行される所得証明書や課税証明書なども所得証明書として使えます。

 

しかし、偽造した書類を提出するのだけは絶対にやめましょう。有印私文書偽造罪に問われることもありますし、何がきっかけで偽造がバレるかわかりません。ですから法に触れるようなことは絶対にしないようにしてください。

 

少額であれば自己申告OK

消費者金融の場合、審査時に自己申告でも普通に通ることがありますが、正しい情報を記載するようにしてください。また、自営業の方は年収を書く欄がありますが、やはり正しい金額を書くようにしておきましょう。

 

しかし、所得があまりにも低いと思われる場合以外は大抵通るので、考え過ぎないようにしてください。

 

消費者金融系のカードローンは初回限定にかぎり無利息のサービスを実施していたりするので、節約志向の方には合っていると思います。

 

申し込みは近年、かなり簡単になり、自動契約機で本人確認書類を送付したりカード発行ができたり、ネットから申し込んで近くの自動契約機からカードを発行してもらい、その場でお金を借りることができたりと、早さに関してはかなりのものがあります。

 

ネットで申し込んだ場合、最短30分程度で審査結果が出るところもありますが、他社からの借入合計が年収の3分の1以上になっていないかどうかを判断してから申し込むようにしましょう。